英文法をやり直したい社会人は中学の参考書を使うな【おすすめの1冊は?】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英文法-やり直し-社会人

「会社で海外のお客さんとやり取りする機会が増えて来たから、英語を勉強しなきゃなぁ。でも英文法とかすっかり忘れちゃったから基礎からやり直して、英語で外国人とやり取りできるようにしたいな。とりあえず中学生レベルの英文法参考書読めばいい?」

こんな疑問に、職場の公用語が英語の私が答えます。

本記事の内容

  • 社会人が英文法をやり直すのに中学の英文法参考書は不要
  • 社会人が英文法を基礎からやり直すならこの参考書1冊でOK

この記事を書いている私は、社会人になってから英語を本格的に勉強し始めてTOEIC900越えを達成。
英語力を武器に転職も果たし、いまでは仕事で通訳することもあります。

そんな私でも新社会人の頃は、学校で習った受験のための英語の知識程度しかなく…。
入試さながら頭の中で必死に日本語を英訳していたので、ネイティブとの英会話もたどたどしいものでした。

そんな私の英語力がある日ニョキっと一気に上がった理由は、学校英語とは違う角度で英文法を基礎からやり直したから。

学校英語から脱却すると、実生活でも楽に英語を使えるようになります。

仕事で英語でメールのやり取りや、外国人顧客と英会話したい社会人の方は参考にしてください。

社会人が英文法をやり直すのに中学の英文法参考書は不要

英会話は、中学生で習うレベルの語彙と英文法の知識があれば十分と言われます。

「じゃ中学生向けの参考書探して勉強し直せばいいのね」と思った人は、ちょっと待ってください。

あなたが英文法をやり直す目的は高校受験ではなく、実生活で英語を使いたいからですよね。

社会人になってまで学校英語を身に付ける必要はありません。
むしろ学校や受験のために勉強した英文法は忘れましょう。

社会人は学校で習った英文法は忘れていい

「学校で習った英語なんて昔過ぎて忘れた!」

そんなあなたは運が良い。
学校英語は間違いも多く、むしろ邪魔になりますから。

能動態から受動態への言い換えやcan=be able toなど、学生時代に必死に暗記した「正しくない英語」は全部忘れましょう。

動名詞、進行形や現在完了形などの文法規則も不要です。

ここで学校英語の誤りなどを説明するのは長くなるので省きますが、とにかく中学や高校で習った英語は忘れてください。

社会人なら、実生活で使うための英文法をやり直しましょう

実用的な英文法を学ぶと、英語が英語のまま理解できるようになります。

すると英語の瞬発力が上がり、英会話やTOEICなどの試験も劇的に楽になります。

こんな良いこと尽くしの、使うための英文法を学べる参考書を紹介します。

社会人が英文法を基礎からやり直すならこの参考書1冊でOK

実用的な英文法を勉強しなおしたい社会人におすすめの英文法参考書がこちら。

この一億人の英文法、2011年という結構前に発売されたにもかかわらず、2018年7月現在でもAmazonの英文法ランキング1位です。

著者の大西先生の英文法書は他にも「ネイティブスピーカーの英文法」シリーズなど多数ありますが、「一億人の英文法」はそれら英文法書の集大成となるものです。

この本一冊だけを頑張って読破すれば、ネイティブスピーカーの感覚が理解できるようになります。

ネイティブスピーカーの感覚に近づけると英語の瞬発力も上がる

ネイティブの英語感覚が理解できると、

  • aとtheの使い分け
  • canとbe able toの違い
  • 不定詞と動名詞の使い分け
  • onやtoなど前置詞の感覚
  • 現在完了形の感覚

などを頭で考えることなく、感覚でスッと使えるようになります。

ネイティブと同じ感覚で英語を英語のまま理解できるようになり、「瞬発力」が劇的に向上します。

英語の瞬発力が上がると、

  • リスニングとスピーキングが向上し、英会話が楽になる。
  • 日本語に変換しないので長文もスラスラ読める。
  • TOEICなどの正誤問題も感覚で解けるので、解答速度も上がる。

他にもありますが、いわゆる「英語脳」にグッと近づく感じです。

私は英文法の勉強は「一億人の英文法」だけ読み、あとは英単語・熟語を覚えただけでTOEICスコア865を取りました。

toeic-score

ちなみに英文法の勉強は英会話力を身に付けるのが目的だったので、TOEICのための勉強は一切していません。過去問すら一度も見なかったです。

それでも高得点が取れたのは、問題を「感覚」で短時間で解いていけたからだと思います。

まとめ:社会人は実用のための英文法をやり直すべき

英語を実生活で話す・書く・読む・聞くためには、ネイティブと同じ感覚で英文法を身に付けると格段に楽になります。

そしてその英文法を感覚的に理解するためにおすすめな参考書が、一億人の英文法です。

  • 英文メールでスラスラと海外の顧客とやり取りしたい。
  • 外国人と英語で話したい。
  • TOEICテストで高得点を取りたい。

そんな社会人の方は一度読んでみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。