FXの聖杯を作る【20年間右肩上がりの自動売買EA】

FXでいう聖杯とは、長期にわたり安定した勝率で利益を生み出し続ける、まさに理想の手法またはツール(と私は考える)。

しかし私の長年のFX経験から、市販EAの中からFXの聖杯を見つけるのは難しいと言える。

聖杯のごとく華やかなバックテスト結果と派手な広告ともに販売されているが、はっきり言ってその中に本物があるかわからない。
もし聖杯となるEAが大々的に市販されると誰もが簡単に大金持ちになれるし、世界の経済バランスに悪影響すら及ぼしかねない。

そもそも本当に有効で稼げる手法やEAがあるなら、わざわざ他人に売らずとも自分で運用して稼げばいい。

そう、FXの本当の聖杯は中々表に出てこないのだ。

みんなが気づいていないだけで、市販されていたり無料で公開されているかもしれない。

しかし膨大な数のEAの中から、稼げるEAを見つけ出すのはそう簡単ではない。

ならばいっそ自分で作ってみたらどうだろうか?

FXの聖杯となるEAを作る

今年からMT4のFXバイナリーオプション自動売買を始めたことがきっかけで、またEA作成熱が再燃し、聖杯を追い求めてプログラミングと検証の毎日を送ることになった。

試行錯誤した結果、なかなか満足いくものができたと思うがいかがだろうか?

strategy tester

1999年に1万ドルで始め、今日までの20年間運用した結果、134万ドルになった。
100万円が20年で1億円以上になるということだ。
ロット数を増やせばリスクが多少上がるものの、さらに短期間で多額の利益が見込める。

危険なマーチンゲールではないし、ナンピンはするもののちゃんと損切りもする。

このEAは終値データのみを売買判断に用いて、始値でエントリーまたは手仕舞いする。
なのでバックテスト結果の信ぴょう性はそれなりに高く、再現性もあると思う。

それに複数通貨かつ20年のテスト期間でも満足いく結果が得られている。

つまり様々な値動きや市場の動きに対応できるロジックということだ。

はたしてこれはFXの聖杯になり得るか?

追記:EAを改良

その後、EAのロジックをさらに改良してみた。

2000ドルの元手で始めると、20年間で約272万ドルになった。
つまり20万円が20年で2億8千万円以上に増えたわけだ。

この自作EAのロジックについては、日を改めて説明しようと思う。

FXの聖杯候補EAの2019年の成績

このEAを2019年に運用した場合の結果はこちら。

取引ロット数を多めにした少々リスクのある運用ではあるが、7カ月で資産が86%増えた

初期投資資金を増やして取引ロット数も少なくすれば相対ドローダウンも小さくなるが、もちろんその分資金に対する利益率も減る。

それでもこのレベルの市販EAは、なかなか無いのではないかと思うがいかがだろうか。

FXの聖杯EAを一から作ってみたい人におすすめの本

プログラミングなんてしたことないし知識も無いけど、自分もこんなFXのEAを作りたい!
という方にはこの本がおすすめ。

入門を終えた人や、プログラミング経験者にはこちらもおすすめ。

自分も完全文系人間、プログラミングなんてしたことなかったけど、これらの本のおかげでいまでは自分の思いつく手法はほぼ完璧にEAで再現できています。