PS3でPS2ソフトを起動する方法【意外と簡単】


PS3をもらったけど、PS2のソフトも遊びたいなー
でも初期型PS3じゃないとPS2ソフト起動できないみたいだし、わざわざPS2本体買うのもなんだかなぁ。

というわけで知識ゼロからネットで調べてPS3を改造し、PS2ソフトの起動に成功したのでその方法を共有します。

改造と言ってもPS3本体を分解とかする必要はなく、PS3のシステムをカスタマイズするので機械オンチの人でも心配ありません。

PS3でPS2ソフトを起動するには

PS3でPS2を起動する方法は2つあります。

  • 1.初期型PS3を使う。
  • 2.中期型PS3を改造する。

初期型PS3とは型番がCECH-A/Bまたは後続のCECHA00/B00のものです。

ただ、初期型PS3にはデメリットも多い。

  • 本体も大きく、重量もあり、発熱量、消費電力、ファン音と全てが大きい。
  • 古すぎてソニーサポートも対象外。
  • 基盤が接触不良を引き起こして起動不可になる不具合(YLOD)が非常に多い。

※YLODとはYellow Ling Of Deathの略で、電源ボタンを押してもランプが点滅し続け起動しない状態のことで、PS3の故障でも一番多い。

このように初期型はめっちゃ故障が多いので、正常に動く状態のものを探すのは大変。

なのでおすすめなのが故障も少ない中期型PS3を改造して、PS2ソフトを起動する方法です。

中期型PS3を改造してPS2ソフトを起動する

中期型PS3とは型番がCECH2000番台もしくは2500番台の本体です。

この中期型PS3にPS2ソフトを入れても、通常は起動できません。

でも本体をカスタマイズすることでPS2ソフトを起動できちゃいます。

PS3でPS2ソフトを遊ぶために必要なもの

  • PS3本体(現在のFWが4.82かつ初期FWが3.56以下)
  • USBフラッシュメモリ(32GB以下)
  • PS2ソフト
  • インターネット環境
  • パソコン
  • PS3が壊れても泣かない気持ち

USBフラッシュメモリはFAT32形式でフォーマットができるのが32GB以下までなので、それ以上の容量のUSBメモリは使えません。
今なら1000円もしないで購入できます。

PS3本体は3000番台以降の後期型は改造できません(2019年8月現在)

型番がCECH-2000または2100番台は、初期FWが3.56以下のため改造できます。

ただし、型番が2000/2100番台のものは発熱量が多くて壊れやすいそうです。

CECH-2500や2512といった型番が2500番台のPS3については、初期FWが3.56以下かどうかは調べてみないと分かりません。
初期FWバージョンが3.60のものがあるため注意が必要ですが、新品の場合は初期FWのバージョンは購入前は分かりません。
はっきり言って運ですね。

メルカリやオークションでもCECH-25xx番台のPS3は多数出品されているので、持ち主に初期FWバージョンを確認してもらうのが確実です。

現在のFWバージョンについても4.82である必要がありますが、もしそれより新しいバージョンにアップデートされていても、バージョンを下げることはできるのであまり気にしなくていいです。

あと、PS3本体のシステム自体を改造するので、絶対に壊れない保証はありません。
なので改造は自己責任で。

PS3を改造してPS2・PSPソフトを起動する流れ

モノが揃ったらいよいよPS3を改造します。

ざっくりとした流れは次のとおり。
PS3にCFWを導入する
Multimanをインストールする
PS2ソフトを吸い出す

CFWやMultimanとか聞いてもチンプンカンプンかと思いますが大丈夫です。

私も知識ゼロでしたし、いまでもよく理解はしていませんが問題なく改造できました。

PS3にCFWを導入する

CFWとはカスタムファームウェアの略ですが、あまり詳しく知る必要はないです。
PS3を動かすシステムを改造したものくらいに思っておいてください。

まずはPS3本体にCFWを導入できるか、PS3のFWバージョンを確認します。

PS3の初期FWバージョンを確認する

CFWを導入するには、PS3のシステムの初期バージョンが3.56以下であることが必要です。

この初期FWバージョンはCECH-2000や2100番台以前なら気にする必要がありません。

ただ、この型番もYLOD報告が目につきます。

前述しましたが、

  • 型番が2000/2100番台までなら問題なくCFWを導入できるけど、25xx番台よりは故障しやすい。
  • 25xx番台は故障しにくいけど、CFWを導入できるかは調べてみないと分からない。

25xx番台のPS3を持っている人は次の方法で初期FWバージョンを確認すう必要があります。

PS3の初期FWバージョン確認方法

まずPS3初期FW確認ツールのMinVerChkをここからダウンロード
FAT32形式でフォーマットしたUSBメモリにPS3フォルダを作成。

USBはクイックフォーマットでOKです。


更にそのPS3フォルダ中にUPDATEフォルダを作成。

MinVerChkを解凍すると中にPS3UPDAT.PUPというファイルがあるので、それをUPDATEフォルダに移動する。

USBメモリをPS3のUSBポートに差し込んでPS3起動。

設定→システムアップデート→記録メディアからアップデート
の順に選択。

すると
「本機にインストールできるアップデートデータはバージョンX.XX以上です」
と表示されます。
そのバージョンが3.56より小さい数字だとOKです。

PS3を4.82にアップデートする

PS3の最新バージョンは2019年8月現在で4.84です。

ネットにつないでそのままシステムアップデートしちゃうと4.84になってしまうので注意してください。

お手持ちのPS3が4.82より古い場合は4.82にアップデートします。

4.82のシステムデータをダウンロード
ダウンロードしたflash_482.hexファイルをUSBメモリのPS3フォルダ内のUPDATEフォルダの中に入れる。
ダウンロードしたファイル名がflash.hexだった場合はflash_482.hexに名前を変えてください。
設定からシステムアップデート、記録メディアと進みFW4.82にアップデート

PS3をインターネットに接続する。
http://ps3xploit.com/writer/index_nor.htmlをPS3のホームページに指定する。

PS3の電源を切る。

こちらからCFWのOverflow_4.82_v4_cobraCEXをダウンロード
Overflow_4.82_v4_cobraCEXのフォルダ内にあるPS3UPDAT.PUPを、USBメモリのPS3フォルダ内のUPDATEフォルダ内にコピー。

USBをPS3のディスク挿入口近くのUSBポートに指す。

PS3を起動してブラウザーを起動すると、先ほどホームに設定したhttp://ps3xploit.com/writer/index_nor.htmlが表示される。

PS3Xploit 4.82 Flash Memory patch path:から/dev_usb000/flash_482.hexを選択。
その下にあるInitialize exploitationを押す。
Progress ○%, please waitが表示されたら100%完了まで待ち、Exploit Initialization SUCCESSが表示されたら成功。
Patch NOR Flash Memoryを押す。
Then reboot to enable the patches & install the 4.82 CFW of your choice…が表示されたらPS3を再起動する。
再起動前に、USBメモリのflash_482.hexを削除しておく。

設定→システムアップデート→記録メディアから→CFWのCOBRAを選択してインストール。

multiMANをインストールする

こちらからmultiMANをダウンロード

ダウンロードしたmultiMANのパッケージファイルをUSBメモリにコピーする

PS3にUSBメモリを挿してPS3を起動し、Install packagesでmultiMANをインストールする。

ソフトをHDDにコピーする

PS2ゲームのディスクを入れてmultiMANを起動

コピーしたいゲームを選択し、△ボタンを押してCreate ISOを選択。PS3ソフトもコピーできます。

ソフトをHDDにコピー。(multiMANでは×ボタンが決定ボタンです)

コピーしたPS2ソフトはRetroのほうに表示されます。遊びたいソフトを選択して×ボタンで決定。

PS3のゲームにPlayStation2規格ディスクというのがあるので選択するとPS2ソフトをプレイできます。

PS3にCFWを導入するデメリット

PS3にCFWを導入するとPS2ソフトを起動できるようになりますが、以下のデメリットもあるので注意してください。

  • メーカー修理が受けれなくなる
  • 失敗して壊れる可能性もゼロではない(らしい)
  • PS3改造後はオンライン対戦が出来なくなる
  • CFWを導入したPS3の売買は違法
  • PSNでダウンロードなどができなくなる

PSNとは「プレイステーションネットワーク」の略で、SONYが提供するオンラインサービスで、障害情報のチェックやゲームをダウンロードする公式サイトです。
PS3を改造すると、このPSNに接続出来なくなり、ゲームのダウンロードが出来なくなるほか、改造前のゲームの再インストールもできなくなります。

また、改造したPS3をオークションなどで出品して販売したとして逮捕された例もあります。
絶対に他人に売ったりしないようにしてください。

改造してシステムが壊れる可能性もゼロではないらしいので、全て自己責任で行ってください。