フィリピン留学は出会いに溢れていた件【経験談と注意点】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フィリピン留学-出会い

フィリピンに語学留学する人
「フィリピンに留学に行ったら、留学生同士で出会いはあるのかな?英語の勉強はもちろん頑張るけど、プライベートも充実させたいし…。フィリピーナとも付き合えば、英語の勉強にもなって一石二鳥では?」

こんな疑問に答えます。

本記事の内容

  • フィリピンで留学生と出会う
  • 留学中にフィリピーナと出会うには

この記事を書いている私は、フィリピンのマニラに半年間語学留学していた経験があります。

その間、同じ学校の女子留学生や現地のフィリピーナ達と出会いがあり、勉強だけでなく充実したプライベートを送ることができました。

そんな私の体験をもとに、フィリピン留学での赤裸々な出会いの実態と注意点を書いてみました。

フィリピンで留学生と出会う

フィリピンには様々な人が語学留学に行きますが、中でも20代~30代の学生や休職中の社会人など若い世代が多いです。

そんなお年頃の男女が一か所に集い、勉強やプライベートを共にすれば友情も芽生えますし、自然と恋愛に発展することもあります。

さらに、多くの語学学校は留学生を毎週のように受け入れています。

女の子が入れ替わり立ち替わり、新しい出会いが常にある状態です。

しかも毎週のように歓迎会、送別会や飲み会をしていたので、男女間の距離の縮み方もすごく早い。

気分はまるで「あいのり」と「合コン」。

実際に私もある留学生の女の子と深い仲になりましたし、私以外にも何組かカップルが誕生していました。

それに、慣れない異国での生活では、同じ日本人留学生と一緒にいるとやはり安心感があります。

一緒に過ごす時間も自然と長くなり、そこから恋愛に発展することも多いのですが、デメリットもあるので注意も必要です。

せっかくの英語環境が台無し

日本人留学生と付き合う場合は、せっかくの英語環境が台無しになりかねないので注意が必要です。
日本人と一緒にいるときは、どうしても楽な日本語で会話しがちになります。

英語漬けの生活にするために留学に来たのに、日本人とばかり日本語で話していては意味がありません。
なので日本人留学生と付き合う場合は日本語禁止の決まりを作りましょう。

私も日本人留学生と交際していましたが、2人きりで話すときも英語で会話するようにしました。

ただ、2人の英語のレベルに差がありすぎて、中々思うように行きませんでしたが…。

語学習得と同時に恋愛も充実させたいのであれば、韓国人など日本語が母国語じゃない留学生や、フィリピーナと出会うほうがおすすめです。

留学中にフィリピーナと出会うには

留学生同士の出会いも悪くないけど、せっかくならフィリピーナと出会いたい。

そんな方に朗報ですが、ぶっちゃけ日本人はフィリピン女性にモテやすいです。

フィリピン人の対日感情が良いのか、韓国人や中国人の印象が悪くて相対的に日本人が好かれるのか…。
どちらにしろ「オレ日本人だよー」というと反応が良かったです。

そんなフィリピーナたちと出会うのにおすすめなのが、現地のバーやクラブ。

フィリピン人は陽気で気さくな人が多く、話しかけやすい上にノリも良い。
日本に興味津々なフィリピン人も多いので、すぐ仲良くなれます。

お金に少し余裕があればフィリピンパブも選択肢の一つです。
日本のお店に比べれば何割か安いですしね。

私も留学生仲間とフィリピンパブに遊びに行き、可愛いフィリピーナとお友達になってプライベートでもよく遊んでいました。

フィリピーナは英語が上手な子も多いので、仲良くなって一緒に過ごしていると英語力もグッと向上して一石二鳥です。

金品をおねだりしてきたら注意

フィリピーナにとって日本人はお金持ちと言うイメージが強いのか、女の子によってはあからさまにプレゼントを要求してくる子もいます。

デート代を出したり、少額のものをプレゼントする程度ならいいですが、高額商品をおねだりしてきたらキッパリ断りましょう。

私は留学後半でフィリピーナと出会って交際もしましたが、食事をおごるくらいしかしていないです。

まとめ:フィリピン留学は素敵な出会いも多いけど勉強も忘れずに

フィリピンに出会い目的で留学する人はいないとは思いますが、多少の遊びや恋愛は生活に張りも出て勉強も頑張れます。

ただ、恋愛にのめり込んでしまわないよう注意が必要です。

実際にフィリピンで出会った女の子に夢中になり、留学の本来の目的である勉強が疎かになった同期がたくさんいました。

そして彼らの多くが英語が全然伸びないまま帰国するはめに…。

そんなことにならないよう、勉強と遊びのメリハリをしっかりつけて、フィリピンライフを楽しんでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。