トラリピで勝つためのテクニックを公開【10万円が3日で49万円に】

トラリピを始めたけど勝てない!やっぱ儲からないの?

という相談をよく受けます。

トラリピはマネースクエアの注文機能で運用するにしろ、MT4の自動売買EAでトラリピと同じ手法を使うにしろ、何も考えずにほったらかしの運用では必ず破綻します。

トラリピで大損せずに勝ち続けるためには、

  1. 中長期トレンド方向に合わせてロングかショートを選択。
  2. レンジ相場の行ったり来たりをロングとショートで狙い撃ち。
  3. 天井付近ではロングしない。逆に底値付近ではショートしない。

といった相場を判断するためのテクニックが必要です。

テクニカルを併用したトラリピ手法で適切に運用すれば、

トラリピの攻略テクニック結果

このように3日間という短期間で爆益も不可能ではありません。

今回はトラリピで大損せずに勝つための具体的なテクニックを紹介していきます。

中長期トレンドに沿ってトラリピする

トレンドフォロー、いわゆる順張りはFXに限らず投資の王道であり基本。

たとえ短期では逆張りでも、中期または長期目線では順張りであることが大事です。

トラリピも同じで、トレンド方向に沿ってロングまたはショートの順張りポジションを持つことで、利益を上げるとともに含み損のリスクも抑えられます。

逆に、トレンドとは逆方向のポジションを持ってしまうとどんどん損失が膨らみ、最悪の場合、強制ロスカットになってしまいます。

ではどうやってトレンドを判断するか。

移動平均線やその他いろいろなインジケーターを使う方法もありますが、私のお勧めはトレンドラインを引くことです。

トレンドラインの引き方は単純で、ある期間内の高値または安値を複数通るラインを引くだけ。

トラリピートレンドライン

上は直近のEURUSD日足チャートですが、キレイにトレンドラインに沿って下がってますね。

なので自分がいまトラリピするとしたらロングは避けてショートをメインにします。

2019年6月25日から資金1000ドル、0.1ロット、ショートのみで0.001間隔でトラップを仕掛けると下のような戦績になります。

トラリピートレンドショート

トレンドラインを引く時間足ですが、日足は必ず引くことをおすすめします。

できれば1時間足と4時間足もラインを引いて確認できると、より安心してポジションを持てます。

ラインを引く際はきっちり高値安値に合わせる必要はなく、反発していると見えるポイントを通るように引けばOKです。

引くポイントはいくつもあって慣れないうちはうまく引けないかもしれませんが、私は自動でほぼ完ぺきに引いてくれるトレンドラインProというツールを利用しています。
トレンドラインPro-世界が基準としているラインを基本通り忠実に再現

トレンドラインはトップレベルのトレーダーもみんな使っているので、トラリピで勝ちたいなら絶対使いましょう。

レンジ相場の行ったり来たりをトラリピ

トラリピ手法の優れている点は、値動きの少ないレンジ相場でも稼げることです。

むしろレンジは絶好のトラリピチャンス。

うまくレンジを捉えるとごく短期間で爆益も可能に。

たとえばこんなレンジ相場(チャートは1時間足表示)。
トラリピーレンジ

このように狭い価格を何度も行ったり来たりするレンジはトラリピに最適です。

値幅10pipsでロングとショートを繰り返すと、
トラリピーコツ

わずか3日間で10万円が49万円に増えました。
※ただ、結構ハイレバでリスキーなロット数で運用した結果なので、実際はよほど相場の読みに確信がない限り、もっとロット数を落としたほうがいいです。

肝心のレンジかどうかを判断するテクニックですが、私は主にADXというインジケーターを使用しています。
ADX

自分の場合、レンジは日足ではなく、1時間足など短めの時間足でADXで判断し、短期間でのトラリピを仕掛けています。
黄色のラインが低い位置で推移していると値動きが小さく、トレンドが発生している時は値が大きくなります。

ただ、レンジでのトラリピは反発を狙った逆張りです。
レンジをブレイクしてトレンドが発生すると含み損が発生しますので、利益を上げたら早めにトラリピをストップするか必ず損切りラインを設定しておき損失を抑えましょう。

天井・底値を見極めてトラリピ

トラップを仕掛ける際、天井付近でロング、底値付近でショートのポジションを持ってしまうと、損切りしない限り長期間塩漬けになってしまいます。

じゃあどうやって天井や底値を判断するかですが、自分はトレンドラインおよび水平ラインを使っています。

トラリピートレンドラインweek

トラリピー水平ライン

ラインの反発ポイントは多くのトレーダーが意識しています。

各時間足でトレンド、レジスタンスやサポートラインを引き、しっかり天底を捉えて逆張りのトラップを仕掛けましょう。

私も使っているトレンドラインProはトレンドラインだけでなく、最適なレジスタンやサポートラインも自動で表示してくれるのでおすすめです。
トレンドラインPro
⇒トレンドラインPro-世界が基準としているラインを基本通り忠実に再現

無料EAについては⇒トラリピ手法の自動売買EAを無料配布【月利65%】をご覧ください。