彼女が留学中に浮気しないか心配なあなたへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「彼女が海外に語学留学中。長期間会えないし、留学先で開放的になって浮気しないか心配…。」

こんな悩みに答えます。

本記事の内容

  • 彼女が留学先で浮気しやすい心理学的理由
  • 留学中の彼女の浮気を心配するのは逆効果

この記事を書いている私は、フィリピンとアメリカへの留学経験があります。

私は留学中に、同じ日本人留学生たちのロマンスを嫌と言うほど目撃しました。

相手は同じ日本人留学生のこともあれば、現地の外国男性の場合もあります。
外国男性の積極的なアプローチは、日本男性の比じゃありません。

そんな男性陣につい甘えてしまう、彼氏持ちの女子や人妻もチラホラ…。

こんな経験と心理学的観点から、留学中の彼女の浮気と、それを心配する彼氏の心構えについて解説していきます。

彼女が留学先で浮気しやすい理由

最初にいきなり不安にさせる事実を伝えると、留学中は彼女が他の男性と恋に落ちやすい心理学的要素が盛り沢山です。

異国での緊張のドキドキを恋と錯覚

不慣れな地での生活は不安と緊張で脈拍が上がりやすく、ドキドキしている状態になります。

その状態でたまたま魅力的な異性が近くにいたりすると、その異性に対してドキドキしていると錯覚してしまうことがあります。

専門用語で錯誤帰属と呼びますが、有名な「吊り橋効果」(橋の高さなどの恐怖が原因で起こる心臓のドキドキを、近くの異性の魅力によるものだと勘違いすること)もこの1つです。

特に彼女が海外に慣れていない場合は、留学当初の緊張でドキドキしやすく錯誤帰属に陥る可能性があります。

自信を無くした時に優しくされると弱い

自分に自信をなくして不安になっているときに、優しくしてくれた相手に好意を抱くことはよく知られています。
心理学用語で自尊理論と呼ばれます。

留学したはいいものの、言葉の壁にぶつかり自信喪失する留学生は山ほどいます。

彼女が自信を無くし落ち込んでいる時に、もし慰めてくれる優しい男が近くにいたら…。

特に自己評価が低い彼女は、周りの人が自分よりも魅力的に見えてしまい恋愛にも発展しやすいので注意です。

身近な人を好きになりやすい

人は身近な人やよく見かける人に好感を抱きやすいです。

そもそも人は見たことのない人やものなどに警戒心を持ちやすい生き物。

日々何度も目にするうちに警戒心が薄れていくことで、好意度が高くなるのです。
心理学では単純接触効果と言います。

また、物理的距離が近ければ自然と相手とのやり取りも増え、相談などもしやすくなります。

心理学では相互作用の回数が増すほど、基本的には心理的距離が近くなると考えられるため、近くにいる人ほど親密な関係に発展します。

異国で心細い中、悩みを聞いてくれる男が近くにいたらそりゃ頼ってしまいますよ。

逆に物理的距離が遠い遠距離恋愛では、相互作用の回数が少ないため、心理的距離も遠くなってしまい、近くにいる人へと興味が移ります。

個人的には、これが留学中の彼女が浮気しやすい最大の要因だと思います。

何を隠そう私も留学中に、ある女の子と毎日一緒にペアで授業を受けているうちに仲良くなり、色々相談を聞いているうちにいつしか深い仲になってしまいました。

留学中の彼女の浮気を心配しすぎると逆効果になることも

彼女と遠距離で長期間会えない彼氏としては、彼女が留学中に浮気してしまうんじゃないかと毎日不安になります。

しかし、心配しすぎて彼女に頻繁に連絡して、行動を根掘り葉掘り聞いたり、浮気してるんじゃないかと疑ったりするのはアウト。

心配で束縛して喧嘩の原因になったりし、逆に彼女の心が離れてしまうことになります。

それでも遠距離だからまめに連絡しなきゃ、と思うかもしれません。

でもせっかく海外で日本語から離れて語学留学中からすれば、彼氏との連絡で日本語環境に戻るのはいい迷惑。

あなたがすべきことは、留学して頑張っている彼女を信じて応援してあげることです。

そうして信じて待っていたのに、彼女が留学先で浮気してしまったら?

そんな時は、彼女は浮気してしまうような子だったんだとわかっただけでもいいじゃないですか。

留学先で浮気する女の子は、日本に帰ってきても浮気するリスクが常にありますから。

まとめ:留学中の彼女の浮気を心配しても意味はない

留学中は遠距離になるだけでなく、異国で心細くもなるなど、彼女が他の男性と恋に落ちやすい心理学的要素がたくさん。

いかしながら、彼女の浮気を完全に防ぐ方法はありません。

毎日心配して過ごしても精神的に辛いだけだし、あらぬ疑いをかけて二人の仲が悪くなったら元も子もないです。

浮気されたらまぁ仕方ないというくらいの気持ちで、日本で気長に待っていましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。