webp画像をjpgやpng形式で保存する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ネット上の画像を保存したら、.webpという拡張子で保存される。ワードプレスにアップロードしようとしてもエラーになるし…。webpじゃなくて、jpgやpng形式で保存できないの?」

こんな悩みを解決します。

本記事の内容

  • webpて何?
  • webpを他の画像形式で保存する方法

私がwebp拡張子の画像に遭遇したのはつい最近。

Google Chromeで閲覧していたGoogle Playサイトの画像を保存しようとした際に、webp形式の画像ファイルで保存されました。

webpフォーマット

初めて見る拡張子だなーと思いつつも、まぁでも使えるでしょ!と考えてそのまま保存。

しかし、ワードプレスにwebpファイルをアップしようとしてもエラーが出るではありませんか。

webp エラー

画像編集ソフトで開こうとしても、「この拡張子は未対応ですよ」とエラーが出て開けない。

どうしたものかと困りましたが、意外とあっさり解決したので紹介します。

webpて何?

WebP(ウェッピー)とはGoogleが開発した静止画フォーマットで、ファイルの拡張子は「.webp」です。

Googleによると、webp画像のファイルサイズは同等画質のPNGやJPEG形式と比べて30%小さいとのことです。

画像ファイルの容量が小さくなるのは、サイト表示の高速化にもなって良いですね。

ただ、まだそれほど普及していない形式のようで、対応していない画像編集ソフトも多いです。

webpを他の画像形式で保存する方法

ネット上の画像をwebpじゃなくて、jpgやpngなどメジャーな形式で画像を保存するのは意外と簡単です。

  1. Chrome以外のブラウザ(IEなど)で開いて画像保存
  2. 画像アドレス末尾の-rwを削除して画像保存

他にも変換ソフトを使うなどの方法もありますが、それよりも上記の2つが簡単で手っ取り早いです。

1番目の方法は説明するほどでもないので、2番目の方法だけ少し詳しく説明します。

まず、保存したいwebp形式の画像の上で右クリックし、アドレスコピーを選択します。

webp保存方法1

アドレスバーにコピーした画像URLアドレスを貼り付け、アクセスします。

webp保存方法2

アドレス末尾の「-rw」を削除し、ページを再読み込みします。

あとは通常通り、画像を右クリックして「名前を付けて画像を保存」を選べばwebp以外の画像形式で保存できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。